婚期を逃す「売れ残り女子」にならないために!

このサイトについて

今後結婚した場合の働き方を考える

婚期を逃す「売れ残り女子」にならないために!

婚期を逃さないために!

結婚はタイミングが重要です。このタイミングを逃すと一生独身のままかもしれません。そうならないよう、結婚を考える女性向けに役立つ情報をまとめました。お問い合わせ先はこちら>>【MAIL】
結婚後の女性の働き方とは?

結婚後の女性の働き方とは?

働いている女性にとって、結婚後の働き方をどうするかといった問題は必ず出てきます。これが正解といったものはなく、各家庭によってベストな働き方は異なります。収入面をみれば正社員として働き続けた方がいいですし、家庭の事に時間を割きたいと考えればパート勤務などがいいでしょう。女性の多い看護師や薬剤師を例にして、自分に合った働き方を見つけましょう。働き方を考える際に重要なのは「何を大切にしたいのか」といった視点です。

働き方は家庭によって様々

働き方は家庭によって様々

結婚後も働きたい女性にとって、仕事と家庭のバランスをどのように保てばいいのかという不安は大きいのではないでしょうか。結婚すれば今まで以上に家事の負担は大きくなりますし、子どもができれば子育てをする必要があります。そこで今までと同じように働き続ければ、当然かかってくる負担は重くなります。家庭の事を考えて負担の少ない働き方を選ぶのか、今後の事を考えて今までと同じように働き続けるのかは人によって様々ですので、パートナーと話し合ったうえでベストな方法を選びましょう。

詳細へ

看護師は日勤常勤がオススメ

看護師は日勤常勤がオススメ

結婚後の働き方の例として、看護師をモデルに見ていきましょう。病院に勤める看護師は夜勤があるため、忙しいだけではなくパートナーとの生活リズムにズレが生じるという問題もあります。そのため、「日勤常勤」に働き方を切り替える看護師が多いのです。日勤常勤とは夜勤なしの正社員で働く仕事です。日中のみの営業をしているクリニック勤務がこれに当たります。このように自身の都合に合わせた働き方ができる職場を探す方法としては、求人サイトの活用がオススメです。

詳細へ

薬剤師はパート勤務も手段の一つ

薬剤師はパート勤務も手段の一つ

薬剤師を例にして、結婚後の働き方を考えていきましょう。薬剤師は求人の募集が多く、多様な働き方を選べます。正社員で働けば福利厚生や収入の面でメリットがあります。ただし、転勤や残業といったデメリットもあるので注意してください。家庭を重視した働き方であれば、パート勤務という方法があります。家庭を優先したうえで都合の良い時間帯に働けます。収入面なのか、家庭の事なのか、どちらを重視するかによって働き方を決めましょう。

詳細へ